2017年7月12日水曜日

ブログの更新お休みします。

ブログの更新お休みします。

2017年7月8日土曜日

地蔵会万灯供養2017

元興寺で、地蔵菩薩の功徳を称え、人々の無病息災を祈願する「地蔵会万灯供養」が行われます。国宝極楽堂内では、知名士の方々が揮毫した行灯を点灯奉献する献灯会が営まれるほか、国宝禅室南庭の浮図田(ふとでん=中世の供養形態のひとつ)に林立する石仏・石塔前では、灯明皿を用いて万灯供養が斎行されます。※期間中は駐車場の利用ができません。
所在地:〒630-8392奈良県奈良市中院町11
開催期間:2017年8月23日~24日17:00~21:00
交通アクセス:近鉄奈良線「近鉄奈良駅」から徒歩12分、またはJR「奈良駅」から徒歩20分、またはJR「奈良駅」から市内循環バス「田中町」~北へ徒歩5分
料金:拝観無料、灯明供養料/1000円以上
問合せ先:元興寺0742-23-1377
http://www.gangoji.or.jp

中元万燈籠2017

諸願成就を祈り、春日大社で「中元万燈籠」が行われます。平安時代から現在までに寄進された、全ての石燈籠と釣燈籠約3000基に灯がともされます。
所在地:〒630-8212奈良県奈良市春日野町160
開催期間:2017年8月14日~15日19:00~21:30
交通アクセス:JR「奈良駅」・近鉄「近鉄奈良駅」から「春日大社本殿行」の奈良交通バス「終点」下車、またはJR「奈良駅」・近鉄「近鉄奈良駅」から市内循環外回りの奈良交通バス「春日大社表参道」~徒歩10分
料金:境内散策自由、廻廊内の特別拝観/500円
問合せ先:春日大社0742-22-7788
http://www.kasugataisha.or.jp/

大仏殿万灯供養会2017

大仏さまに灯籠を供え、諸霊を供養するお盆の行事「万灯供養会」が行われます。大仏殿の参道や回廊に多数の灯籠が並び、荘厳な雰囲気に包まれます。大仏殿の正面の観相窓(かんそうまど)が開けられ、大仏さまのお顔を外から拝むことができます。
所在地:〒630-8587奈良県奈良市雑司町406-1
開催期間:2017年8月15日19:00~22:00
交通アクセス:近鉄奈良線「近鉄奈良駅」から徒歩20分、またはJR「奈良駅」もしくは近鉄奈良線「近鉄奈良駅」から市内循環バス「大仏殿春日大社前」~徒歩5分
主催:東大寺
料金:灯籠・祈願の申込をされていない方の入堂は有料
問合せ先:東大寺0742-22-5511
http://www.todaiji.or.jp/

嵐山灯篭流し2017

お盆の最終日に、精霊(しょうりょう)送りの行事として、灯篭流しが嵐山の渡月橋南側中ノ島公園で行われます。嵐山渡月橋南詰から、約6000から7000基もの灯篭が流されます。近隣寺院の僧侶により法要も営まれます。※19時~21時まで周辺道路の通行止めあり
所在地:〒616-8383京都府京都市右京区嵯峨中ノ島
開催期間:2017年8月16日受付/12:00~21:00、灯篭流し/19:00~21:00
開催場所:嵐山・渡月橋南側中ノ島公園
交通アクセス:JR嵯峨野線「嵯峨嵐山駅」から徒歩15分
主催:嵯峨仏徒連盟
料金:灯篭一基/1000円、水塔婆の追加/1枚200円
問合せ先:嵯峨仏徒連盟事務局080-5307-1060
http://www.geocities.jp/butto_renmei/

2017年7月2日日曜日

八尾地蔵盆踊り2017

八尾地蔵として地元では厚い信仰が寄せられている常光寺で、毎年8月23日と24日の2日間にわたり、地蔵盆会が行われます。夜には「八尾地蔵盆踊り」が盛大に催され、多くの人々が踊りを楽しみます。常光寺の盆踊りは「流し音頭」で、河内最古の音頭であることから“河内音頭”の原型とされ、集まった人々が音頭にあわせて踊ります。平成8年に、環境庁の「残したい、日本の音風景100選」に選定されています。
所在地:〒581-0003大阪府八尾市本町5-8-1
開催期間:2017年8月23日~24日八尾地蔵盆踊り/両日とも19:00~23:00
交通アクセス:JR大和路線「八尾駅」から徒歩20分もしくは近鉄バス「近鉄八尾駅前」~徒歩5分
主催:常光寺
問合せ先:常光寺072-922-7749
http://jyokouji.com/

森の宮遺跡展示室一般公開2017

森ノ宮ピロティホールの地下階で、「森の宮遺跡展示室」の一般公開が行われます。森の宮遺跡は、上町台地の東斜面に位置する縄文時代から近世までの複合遺跡です。森の宮貝塚とも呼ばれ、大量に出土した貝殻が海水に生息するマガキから淡水に棲むセタシジミへと移り変わることから、河内平野が徐々に海から淡水湖となり、さらに陸地となっていく過程を知ることができます。埋葬された縄文時代の人骨も多数発見され、そのうちの1体が屈葬という体を折り曲げる当時の埋葬方法のまま地層から切り取って展示されています。日常的な公開は行われておらず、年に数日公開されます。※駐車場、駐輪場はありません。
所在地:〒540-0003大阪府大阪市中央区森ノ宮中央1-17-5
開催期間:2017年8月14日~16日11:00~15:00
開催場所:森ノ宮ピロティホール地下階
交通アクセス:JR大阪環状線「森ノ宮駅」から徒歩3分、または地下鉄中央線「森ノ宮駅」2号出口から徒歩1分
主催:大阪市教育委員会
料金:無料(事前申込不要)
問合せ先:大阪市教育委員会事務局文化財保護課06-6208-9166(土日祝を除く9:00~17:30)

1300年の伝統流灌頂水神祭-川施餓鬼会-2017

別名を「なにわの舟寺」や「納骨の寺」と称される伝法山西念寺で、神仏習合の行事として水神祭と川施餓鬼会が行われます。本堂での現世祈願と先祖供養、後世安楽の法会の後、放生会が営まれます。水子、納骨法要、良縁、安産、受験祈願法要も執り行われます。
所在地:〒554-0002大阪府大阪市此花区伝法5-7-4
開催期間:2017年8月23日12:00~15:30
交通アクセス:阪神なんば線「伝法駅」~徒歩5分、またはJR大阪環状線「西九条駅」から市バス「伝法」・「酉島2丁目」~徒歩5分もしくは「春日出」~徒歩10分
主催:伝法山西念寺
料金:見物無料
問合せ先:伝法山西念寺06-6461-5602

御霊神社の夏祭2017

高温多湿で体調を崩しやすい時期に、神様の御神徳を頂き健康に夏越えをするために祈願する夏祭。本年は7月13日に宵宮祭、14日に本宮祭が斎行される。13日には江戸堀猿田彦講、西船場獅子講、靭太鼓講の800人を超える行列が氏子区域中心に町を練り歩く。本殿では両日お神楽奉納が行われる。
主催:御霊神社
日程:2017/7/13~2017/7/14
住所:大阪府大阪市中央区淡路町4-4-3

http://www.goryojinja.jp/

坐摩神社夏祭2017

坐摩神社の夏祭と末社の陶器神社のせともの祭を併せて行う。せともの祭は「大阪せともの祭」の名称で古くから行われ、茶碗供養と共に夏の風物詩として賑わいを見せる。神社の神賑行事としてはジャズコンサートと能登輪島市無形文化財の御神事太鼓が目玉。殿内では神楽奉納、社務所内和室ではゆかた茶会も楽しめる。
日時:2017/7/21(金)~2017/7/23(日)
主催:坐摩神社
住所:大阪府大阪市中央区久太郎町四丁目渡辺3号
電話:06-6251-4792

http://www.ikasuri.or.jp/


2017年6月25日日曜日

葛井寺万灯会2017

西国三十三所の第五番札所として親しまれている葛井寺で、万灯会が行われます。参道がロウソクの燈火に照らされ、境内が幻想的な雰囲気に包まれます。藤井寺という地名の起源となった真言宗仁和寺御室派の寺で、本尊は、天平仏の代表的な仏像として国宝に指定されている千手千眼観音菩薩坐像です。
所在地:〒583-0024大阪府藤井寺市藤井寺1-16-21
開催期間:2017年8月16日送り火点火/18:30~
交通アクセス:近鉄南大阪線「藤井寺駅」から徒歩5分
問合せ先:葛井寺072-938-0005

葛井寺千日まいり2017

毎年8月9日に行われる葛井寺の「千日まいり」は、この日にお参りすると、4万6000日分(約126年分)お参りをした御利益があるといわれています。境内には露店が軒をつらね、多くの参拝客で賑わいます。
所在地:〒583-0024大阪府藤井寺市藤井寺1-16-21
開催期間:2017年8月9日千日まいり祈願・回向受付/9:00~20:00
交通アクセス:近鉄南大阪線「藤井寺駅」から徒歩5分
問合せ先:葛井寺072-938-0005

方違神社秋祭2017

五穀豊穣に感謝する方違神社の秋祭では、3日間にわたりさまざまな神賑行事が斎行されます。宵宮には氏子町内からの稚児行列が宮入し、すずめ踊りや堺太鼓が見どころとなっています。宵宮と本宮の両日に、蒲団太鼓も勇壮な姿を見せ、多くの人で賑わいます。※本殿建替工事中のため、予告なく行事が変更される場合があります。
所在地:〒590-0021大阪府堺市堺区北三国ヶ丘町2-2-1
開催期間:2017年9月16日~18日【16日】宵宮祭/13:00~、稚児行列/15:30頃宮入、蒲団太鼓宮入/20:30~【17日】本宮祭/13:00~【18日】田実祭/10:00~
交通アクセス:JR阪和線「堺市駅」から徒歩15分もしくはバス約5分「方違神社前」下車
主催:方違神社
問合せ先:方違神社072-232-1216
http://www.hochigai-jinja.or.jp/

開口神社八朔祭2017

開口神社の例祭の中でも最大のものとなる「八朔祭」では、堺最古の歴史を誇るフトン太鼓が担ぎ出されます。300年以上続く渡御(とぎょ)が一番の見どころとなっており、芦原御旅所まで鳳輦(ほうれん)を中心に巡行します。旧暦8月1日(朔日)の豊作と豊漁に感謝する祭事が、明治以降は9月12日を中心とした金土曜に行われています。※フトン太鼓宮入り日は毎年異なります。
所在地:〒590-0953大阪府堺市堺区甲斐町東2-1-29
開催期間:2017年9月8日~13日フトン太鼓宮入り/8日~9日いずれも夕刻~、渡御/9日14:00~、例大祭/12日10:00~、田実神事/13日10:00~
交通アクセス:阪堺電気軌道「大小路駅」もしくは「宿院駅」から徒歩3分、または南海「堺駅」・南海高野線「堺東駅」から南海バス「大寺北門前」~徒歩2分
主催:開口神社
問合せ先:開口神社社務所072-221-0171
http://www.aguchi.jp/

甑不動明王献灯祭2017

不動明王がなぜ神社にあるのでしょうか。詳細は不明ですが、平成6年末、以前からあった不動明王の上半身が持ち去られる事件が起きました。その後、参拝者からの篤志により再建にいたっています。それを記念して毎年8月下旬に献灯祭が行われています。
所在地:〒662-0092兵庫県西宮市甑岩町5-4
開催期間:2017年8月26日18:30~※献灯は27日まで
交通アクセス:阪急「甲陽園駅」もしくは「苦楽園口駅」から徒歩20分、またはJR神戸線「さくら夙川駅」から阪急・阪神バス「越木岩神社北」下車
問合せ先:越木岩神社0798-31-0009
http://www.koshikiiwa-jinja.jp/

誉田八幡宮秋季大祭秋祭り「お渡り」の儀式2017

誉田八幡宮の秋季大祭が斎行され、15日には神輿が応神陵古墳に渡御する「お渡り」の儀式が行われます。神輿の下をくぐることで、一年間の無病息災が祈念されます。9月16日と17日には、見どころとなる「地車曳行」があります。
所在地:〒583-0857大阪府羽曳野市誉田3-2-8
開催期間:2017年9月14日~17日宵宮/14日、例祭執行/15日10:00~、渡御/15日20:00~、地車曳行/16日~17日※16日~17日は夜店出店
交通アクセス:近鉄南大阪線「古市駅」から徒歩10分
主催:誉田八幡宮
料金:無料
問合せ先:誉田八幡宮072-956-0635
http://www012.upp.so-net.ne.jp/kondagu/

じないまち四季物語2017「夏」寺内町燈路

大阪府内唯一の重要伝統的建造物群保存地区に選定されている富田林寺内町および、その周辺の商店街で“じないまち四季物語「夏」寺内町燈路”が行われます。約1000個の行燈が通りに並べられ、江戸時代から昭和初期までの伝統的な町家が軒を連ねる町並みを幻想的に照らします。
所在地:〒584-0033大阪府富田林市富田林町、本町の一部
開催期間:2017年8月26日17:00~21:00(燈路点灯/18:30~)※雨天の場合は翌日に順延
開催場所:大阪府富田林市富田林寺内町および周辺
交通アクセス:近鉄長野線「富田林駅」または「富田林西口」下車
主催:じないまち四季物語実行委員会
料金:寺内町燈路無料※一部有料イベントあり
問合せ先:じないまち四季物語事務局 080-6205-4540(10:00~17:00/土日祝除く)、きらめきファクトリー(観光案内)0721-24-5500(10:00~21:00/年末年始休)

一心寺地蔵盆フェスティバル2017

子ども達の健やかな成長、無病息災を祈願する「地蔵盆」が、大阪天王寺の一心寺では「地蔵盆フェスティバル」として2日間にわたり行われます。23日は前夜祭として、一心寺シアター倶楽で「影絵劇団かしの樹」による「あらしのよるに」が上演されます。24日には一心寺境内で、子ども守護祈願や盆踊り、夜店の出店などがあります。
所在地:〒543-0062大阪府大阪市天王寺区逢阪2-8-69
開催期間:2017年8月23日~24日一心寺シアター倶楽・影絵上演/23日14:00~・18:00~)、一心寺境内での縁日/24日16:30~19:30
開催場所:一心寺シアター倶楽(23日)、一心寺(24日)
交通アクセス:JR「天王寺駅」から徒歩15分、または地下鉄谷町線「四天王寺前夕陽丘駅」から徒歩10分
主催:一心寺
料金:影絵劇団かしの樹公演(23日)/入場料500円(地蔵盆おたのしみ券200円分付)
問合せ先:一心寺シアター倶楽06-6774-4002
http://isshinji.net/jizoubon/index.html

お滝まつり2017

葛城修験の根本道場として知られる犬鳴山七宝滝寺で、毎年8月第4日曜に「お滝まつり」が開催されます。午前10時より行者ヶ滝のご宝前にて柴燈大護摩供が行われ、行者の指導のもとで一般希望者も滝行を受けることができます。この日の滝行は100日の滝行に値するといわれています。※滝行は全員がすみ次第終了です。
所在地:〒598-0023大阪府泉佐野市大木8
開催期間:2017年8月27日柴燈大護摩供/10:00、滝行/受付は11:00頃まで
交通アクセス:JR阪和線「日根野駅」から南海バス約20分「犬鳴山」~徒歩25分
主催:犬鳴山七宝滝寺
料金:滝衣貸出/1人300円が必要
問合せ先:犬鳴山七宝滝寺072-459-7101
http://www.inunakisan.jp/


百万遍会大数珠くり2017

一人の念仏の功徳が千人万人に融通して億百万ともなり、大きな功徳を生むことを表現した行事であることから「億百万遍会」とも称され、毎年春と秋に行われます。約7cmの珠を1200個つないだ数珠を、本堂の四隅に設けられた滑車に取り付け、念仏を唱えながら順に送ります。これを厳修すると、身体堅固の祈祷を授かるとされます。
所在地:〒547-0045大阪府大阪市平野区平野上町1-7-26
開催期間:2017年9月16日説法/13:00~、数珠くり/13:30~
交通アクセス:JR大和路線「平野駅」から徒歩5分、または大阪市営地下鉄谷町線「平野駅」から徒歩8分
料金:無料
問合せ先:大念佛寺06-6791-0026
http://www.dainenbutsuji.com